施工の実績

HOME施工の実績東京都港区のテナントビル 屋上 雨漏り 防水工事

東京都港区のテナントビル 屋上 雨漏り 防水工事

3週間後にopenするテナントさんの内装工事中に発覚した雨漏りを止める工事で、

前回は、店舗の雨漏りを優先して止めるために5階-6階部分の外壁補修を補修しました。

無事、openまでに店舗の雨漏りを止めることが出来たので、今回はその後に行った
屋上防水工事パート2の様子をお送りします。


現場を見てみると屋上の防水層がが膨れ上がっていて、ところどころ切れ目が入っておりました。

雨漏りの原因はこの切れ目。

膨れ上がっていても、切れていなければまだ大丈夫です。

今回の事例の様に切れてしまってからでは雨漏りしてしまうので、

そうなる前にご連絡ください!

施工前

防水層が膨れて切れ目が入っています。

施工後

既存防水層撤去

まずは古い防水層を撤去します。

既存防水層撤去

撤去すると傷んだ下地が見えてきました。

下地補修

傷んだ下地を綺麗に補修していきます。

下地補修

隅々まで綺麗に補修していきます。

プライマー塗布

一回目の防水材を塗布していきます。

防水材塗布

補強クロスを入れます。

防水材塗布

2回めの防水材塗布を行ないます。

伸縮目地新設工事

防水層断裂防止のために伸縮目地を作ります。

伸縮目地新設工事

プライマーを塗布していきます。

伸縮目地新設工事

ウレタン系NBシーリングを充填します。

伸縮目地新設工事

補強クロスを貼ります。

伸縮目地新設工事

上塗りを2回して完了です。

防水材塗布

最後にトップコートを塗って仕上げていきます。

施工後

屋上からの雨漏りも無事とまり、今回も一件落着です!